地球人に向けて
このブログは、オリオン星人であるピピンの視点から 地球人へのメッセージをお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光神体

ピピン
さて、今日は光神体について、話すとしようかのう。
光の神の体と書くんじゃが、もうここまでくるとほとんど本来の姿に戻ってきておる。
体の内側から眩しい程に光が出ており、全身光輝いておってのう。
もう、神の一部としての状態となっておるんじゃ。
そうじゃのう。
眩しすぎて、よく目を凝らさないとその姿が見えないところまで来ておるのう。
六次元では、天使と人間の狭間におるようなもんなんじゃが、この七次元では、もう全ての者が天使となっておる。
それが、この光神体の姿じゃ。
 
さて、どのような生活をしておるかというと、さっき、神の一部と言ったんじゃが、その存在自体が神の一部、神の手足として生きておるのう。
神の自己実現というたらええじゃろうか。
自己実現というと自分というものの思いを実現していくという意味なんじゃろうが、ある意味、自分という意識がない。
記憶喪失とか錯乱状態にあるっていうことではないぞ(笑)
自我というものがないということじゃ。
いわゆる、無我というやつじゃ。
仏教には無我という言葉があるんじゃが、それはこの七次元以降の自己意識のことをそう呼んでおったんじゃ。
自我がないとはどういうことかというとじゃのう。
まぁ、同じことなんじゃが、「自分というものは、神の一部であって、神の手足である」という意識じゃ。
「神様の願いを実現していきたい」という思いが強くある状態じゃ。
なおかつ、何度も言っておるが自他一体の自覚がもうゆるぎないものになっておる状態じゃのう。
他の人のことが自分のことのように感じて、困っている人、悩んでいる人がいたら、もう放ってはおけないという状態じゃ。
地上の人間は、「お金持ちになりたい」とか「いい家に住みたい」とか「いい車に乗りたい」なんて思うておるかもしれんが、それらはすべて自分というものの為に自分のエネルギーを向けておるということじゃろう。
しかし、無我というのは、自分の為っていうのを通り越してじゃ。
「神様の為になりたい」とか「誰々の為になりたい」っていうのう。
自分以外のものの為に、自分のエネルギーを向けておる状態なんじゃ。
 
通りすがりの地球人
ちょっと抽象的な話に聞こえるのですが、実際には、どんなことして生活しているんでしょうか?
もうちょっと具体的な話を聞かせてもらえますか?
 
ピピン
そうじゃのう。
六次元の生活は、専門的なスペシャリストとしての生活じゃと話したが、ここでは、それを通り越して、ゼネラリスト的な生活を送ることなる。
実際には、神の手足としての実践部隊としての生活ということができるじゃろうか。
神への奉仕活動をしている状態じゃのう。
そして、その奉仕活動の中心は、対機説法ということになる。
根本的な法というものを伝えるには、全ての者がそう簡単に理解できるものではないだろうから、もっと噛み砕いた形でもって伝えていくにはどうすればよいかということを日夜、試行錯誤しておる。
あるものは、地獄救済の実践部隊として指揮をとったりしておるのう。
六次元の者たちと一緒に地獄に赴いて、指揮官として救済をするという仕事をしておるものもいる。
六次元が一兵卒なら、七次元は部隊の隊長として、八次元の「少将」とか「中将」とかの将校の下、地獄に赴くということじゃのう。
そして、あるものは、六次元に赴いて人を指導しておるのう。
人を指導する際は、七次元の者は六次元の者を指導し、六次元のものが五次元の者を指導するというようにじゃ。
まぁ、上とか下とかいう表現は、わしは好きではないんじゃが、一つ下の次元のものを指導するというのが基本じゃのう。
七次元のものが直接、五次元のものを指導するなんてしようと思って、五次元に行ったりしたらじゃ。
五次元の者には、もう眩し過ぎて姿が見えんということになって、話どころではなくなってしまって、話をしようにも話ができんのじゃ。
そしてまた、あるものは地上に降りた七次元の菩薩を指導したりしておる。
三次元世界を神の国に近づけようと地上に生まれてくるという実働部隊がこの七次元の者たちなんじゃが、その地上に降りた七次元の者達をあの世から見守り指導するという生活をしておるんじゃ。
 
通りすがりの地球人
へぇ~。
そういう生活をしてるんですかぁ。
私の本質部分にその光神体っていう状態があるっていうことなんですよね?
でも、そんな風に自分がなれるとはとても思えないんですが・・・・・。
 
ピピン
無理してなろうとする必要はないんじゃよ。
この七次元におる者達は、無理して生活しておるんじゃないんじゃ。
皆、そうしたくて仕方がないという気持ちでもって生活しておるだけなんじゃ。
それは、自然に自分の内から沸いてくる衝動をそのまま行動に移しておるということなんじゃ。
じゃから、無理して神への奉仕活動をせねばって思っても、この世界の住人にはなれんのじゃ。
 
通りすがりの地球人
じゃぁ、私では無理ということですか?
  
ピピン
いやそうではない。
今の自分が内から自然に神への奉仕をしたいという衝動が出てこないからというて、無理だということではないんじゃ。
彼らも地上に生まれて生活すると、今のお主のように神への奉仕の気持ちなってなかなか生まれて来ぬものなんじゃ。
 
通りすがりの地球人
では、どうしろと?
 
ピピン
まぁ、焦るな。
彼らに共通するのは、自らが神の生命(いのち)であるということを悟っておるということと、自他一体を悟っておるということと、神への絶対的信頼というものがあるということなんじゃ。
言い換えると、自分への信頼と他人への信頼、そして神への信頼というたらええじゃろうかのう。
この3つを深く自覚するとき、魂は打ち震え、自然と喜びに満たされて、どうしても神の手足として行きたくてしようがなくなってしまうんじゃ。
 
ではいかにしてその3つを深く自覚するかじゃが、それは人それぞれの方法があるといえるじゃろうが、一つの方法として、神の子であるという自分の本質を自覚して行くという方法がある。
それは、昨日今日話しておるような内容をよく理解して、自分の本質はこんな素晴らしいものなんだと何度も何度も繰り返し思い起こすことで近づいていくんじゃ。
わしの話を聞いておる時、お主は、「これが自分の本質!!」ってびっくりしながら聞いておったが、「これが自分の本質部分なのかぁ」って心の中で認めたお主の顔には希望があった。喜びがあった。
そう、その喜びをもっと深く深く味わっていくことが大切じゃ。
それが、この七次元世界の住人に戻っていくための鍵となるじゃろう。
今、戻っていくと言うたが、お主のその生命の中に、神の本質が宿っておるんじゃ。
それは、この光神体の部分がお主の中にもう既にあるということなんじゃ。
その事実を受け入れ、「そうだ。私の中には、神の命があるんだ。」「これが本当の自分の姿なんだ。」と思っていくとき、お主は、自然と神の手足として生きたくなっておる自分に気がつくことじゃろう。
 
通りすがりの地球人
そうか。
受け入れることなんですね。
分かりました。
もっと受け入れるようにしてみます。
なんか、ほっとしましたよ。
 
スポンサーサイト

霊体

ピピン
さて、昨日は幽体について話したが、今日は霊体についてじゃ。
昨日、ちらっと言ったが、進化して四次元から五次元に上がっていくと幽体を脱ぎ捨てていくことになるんじゃ。
人間は幽体を脱ぐとどうなるかというと、今度は霊体という外袋が現われてくるんじゃ。
この霊体としての生活は、五次元世界での生活となっておる。
霊体ともなると体から光がこぼれ出てくるような感じじゃのう。
もう、だんだん外袋が薄くなってきた感じじゃ。
皆、光り輝いてくる。
お主も、どんなに悩んで真っ黒になっておろうとも、霊体になれば一人前にピカピカじゃぞ。
 
通りすがりの地球人
私もピカピカになるってことですか?
 
ピピン
そうじゃ。
お主もピカピカじゃ。
例外なんぞおらんぞ。
皆、肉体を脱ぎ、幽体を脱げば、もうピカピカ光っておるんじゃ。
そして、心は常に晴れ渡ったような気分じゃのう。
もうルンルン気分じゃ。
 
通りすがりの地球人
へぇ~。
なんかワクワクしますねぇ。
 
ピピン
そうじゃろう。
この霊体の生活なんじゃが、例えるとスーツの上着を脱いでワイシャツ姿になって肩が軽くなったようなもんかのう。
ここまで来ると、幽体をまとった生活と比べると体が軽くなったような生活じゃ。
肩も撫肩(なでがた)になって、凝りもなくなるというもんじゃ。
 
通りすがりの地球人
撫肩って、肩凝らないんですか?
 
ピピン
そりゃ知らん(笑)
ちょっとした言葉のあやちゅうもんじゃ。
 
通りすがりの地球人
宇宙人のくせに言葉のあやって・・・・・。
 
ピピン
失敬な!!
宇宙人をバカにするな!
 
通りすがりの地球人
まぁ、まぁ。
謝りますから、そうむきにならないで下さいよ。
 
ピピン
よしよし。
分かれば宜しい(笑)
 
でじゃ。
霊体での生活なんじゃが、移動するにも、アイススケートのようにスーっと滑るように軽くなってのう。
念った瞬間に移動なんていうのができだしてくるんじゃ。
瞬間移動っちゅうやつじゃのう。
おまけに空を飛ぼうと思えば、空を飛ぶことも出来てくるのが、この霊体での生活じゃ。
まぁ、あまりおらんが姿かたちすらも変えようと念えば、自由に変えれるようにもなる。
これは、霊体というのは、肉体や幽体と比べると念の作用を受け易いということなんじゃ。
 
通りすがりの地球人
ちょっときになったんですが、「~できだす」とか「~出来てくる」っていう表現を使われてますが、どういう意味なんですか?
霊体になれば、皆できることなんじゃないんですか?
 
ピピン
それはじゃ。
確かに誰もが霊体になれば、できるんじゃが、実際にできるかどうかは各人の自覚にかかっておるということじゃ。
自分が「こんなことできる」と自覚して行けばできるが、「できない」と念えばできないんじゃ。
それが、念の世界ということじゃ。
自覚が進めばできるようになり、自覚が進まなければ出来ないままということなんじゃ。
 
通りすがりの地球人
では、自覚というのがキーな訳ですね。
 
ピピン
そういうことじゃ。
どれだけ霊としての自覚ができるかということが、自己のあり方を決めると言うても過言ではない。
つまり、どれだけ「自分は霊的存在でありなんでもできる存在なんだ」と実感しておるかということじゃな。
あと、念についてなんじゃが、念というても、五次元世界だけのものではなくて、三次元、四次元や、五次元以降の世界も念の世界なんじゃ。
ただ、この念というものが具象化し易いかどうか、その影響という意味において、次元を下るに従って影響し難くなり、次元を上って行くに従って影響し易くなるということなんじゃ。
じゃから、霊体になってくると段々、念の影響を受け易くなってくるということじゃのう。
それは、段々、霊の本来の姿、融通無碍(ゆうずうむげ)な姿に近づいてきた姿ということになるんじゃ。
 
通りすがりの地球人
へぇ~。
分かったような気はするんですが、ただ、ちょっとどんな感じなのか想像がし難いですねぇ・・・・・。
 
ピピン
そう小難しく考えることはないぞ。
実際の霊体の生活は、まぁ、三次元の生活とそれ程変わりはないかもしれんのう。
そうじゃのう。
都会を離れた山や海なんかで牧歌的な生活をしているような感じかのう。
そうそう。
とこなつの島で、リゾート生活をしているような感じというてもええかも知れんのう。
服なんかも自分で好きなものをイメージしたら着ることができるんじゃぞ。
女性なんか、結構、色々な服を着ておるぞ。
どこかで買ったのかというと、そうではなくて自分でイメージして着ておったりする。
わしなんかじゃと、アロハシャツなんかを着てみたり、パパイアジュース飲んだりのう。
もう、楽園生活じゃ。
 
通りすがりの地球人
私、服のイメージする自信ないですねぇ~。
 
ピピン
まぁ、イメージできなくてもいいんじゃぞ。
服屋さんをしている人もおるから、そこへ行って気に入ったものをこれ下さいって貰ってくればいいんじゃ。
お金なんてものはないから、貰う際に代わりに「ありがとう」っていう感謝の気持ちを置いてくるだけじゃ。
 
通りすがりの地球人
へぇ~。
楽しそうですね。
 
ピピン
そうじゃろう。
結構、楽しいぞ。
実際には地球人の多くがこの世界を中心にして、生まれ変りをしておるんじゃ。
つまりは、多くのものは、楽園の住人ということなんじゃ。
肉体に宿っておる間は、自分のもといた場所も忘れて、いろいろと悩んだり苦しんだりしておるが、死んで元の霊体生活に戻れば楽園生活を満喫できるんじゃ。
まぁ、これが霊体ということじゃ。
 

オリオン星人参上! ~ 日本語の勉強 ~。

ピピン
はじめまして、ピピンと申す。
今後とも宜しゅう頼みます。
 
通りすがりの地球人
こんにちは。
ピピンさんは、オリンオン星人と伺ったのですが、日本語をお話になれるんですね?
 
ピピン
おぉ!そうじゃ!そうじゃ!日本語しゃべれるぞぃ。
何で日本語しゃべる宇宙人がおるんやろって思ったかも知れへんが、
それはなぁ、日本語を勉強したからじゃ。
偉いじゃろう。
 
通りすがりの地球人
どうやって勉強されたんですか?
 
ピピン
もう何年も経ってしもうたがな、ある日本人をモルモットに、あっ!!これは失敬!!
モルモットちゃうなぁ。客人ですな(笑)
その客人に、日本語を教えてもろうたんじゃ。まぁ、おもろい御仁でのう。
出口っちゅう御仁じゃった。
京都の亀岡上空でさらっていったんじゃが、それが大変なことになったんじゃ。
「おぉ!これが宇宙船か!!」って船内のものを物色し始めてのう。
普通なら、びっくりするなり、恐怖で越しぬかすなりするもんじゃが、
一向に動じず、それどころか船の舵を取りたいと言い出す始末。
まぁ、その御仁から、脳味噌をちょいっと拝借して
日本語の言語機能をコピーさせてもろうたちゅうこっちゃ。
あぁ!別に脳味噌をその御仁から取り外した訳じゃないぞ!
そんなことしたらおチンじゃうじゃろ。
装置を使って、言語機能をコピーさせてもろうたんじゃ。
言語機能をコピーさせてくれっちゅうたら、2つ返事で了解してくれよった。
その御仁はホンマ話し易い御仁でのう。おまけに霊能力ももっておったよ。
地球人にしては、珍しい人じゃと思うておったら、
我らの星の出身じゃというじゃないか。
それは話し易いはずじゃとその時は、思うたもんじゃよ。
少し話はずれてしもうたが、これが日本語が話せる理由じゃ。
何も猛勉強したわけじゃない。
 
通りすがりの地球人
そんな経緯で日本語を話せるようになったんですね。
って、おい!
そんな話、そう簡単に信じるのは無理ですよ。
ピピンさんって、外見的にはどう見ても白人ですしねぇ。
それに、その古臭い関西弁も変ですしねぇ。
 
ピピン
う~む。
わし等オリオンの者は、地球人とあまり姿が変わらぬからのう。
それにこのしゃべり方は、さっき言った御仁の言語機能を
通しておるからのう。正確には、わしの個性をコピーした言語機能という
フィルターに通しておるから、どうしても
おぬしの言う古臭い関西弁になってしまう。
 
通りすがりの地球人
なら、標準語を話す別の人の言語機能をコピーしたらいいんじゃないですか?
 
ピピン
それは面倒じゃなぁ。
それに、この口調、わしは結構、気に入っておる。
地球人にメッセージを伝えることさえ出来れば、それでいいんじゃ。
 
通りすがりの地球人
それじゃぁ、しようがないですね。




テーマ:★ご挨拶★ - ジャンル:日記

プロフィール

オリオン星人ピピン

Author:オリオン星人ピピン

FC2ブログランキング

リンク

最近の記事

過去ログ

ブログ全記事表示

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。