地球人に向けて
このブログは、オリオン星人であるピピンの視点から 地球人へのメッセージをお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊体

ピピン
さて、昨日は幽体について話したが、今日は霊体についてじゃ。
昨日、ちらっと言ったが、進化して四次元から五次元に上がっていくと幽体を脱ぎ捨てていくことになるんじゃ。
人間は幽体を脱ぐとどうなるかというと、今度は霊体という外袋が現われてくるんじゃ。
この霊体としての生活は、五次元世界での生活となっておる。
霊体ともなると体から光がこぼれ出てくるような感じじゃのう。
もう、だんだん外袋が薄くなってきた感じじゃ。
皆、光り輝いてくる。
お主も、どんなに悩んで真っ黒になっておろうとも、霊体になれば一人前にピカピカじゃぞ。
 
通りすがりの地球人
私もピカピカになるってことですか?
 
ピピン
そうじゃ。
お主もピカピカじゃ。
例外なんぞおらんぞ。
皆、肉体を脱ぎ、幽体を脱げば、もうピカピカ光っておるんじゃ。
そして、心は常に晴れ渡ったような気分じゃのう。
もうルンルン気分じゃ。
 
通りすがりの地球人
へぇ~。
なんかワクワクしますねぇ。
 
ピピン
そうじゃろう。
この霊体の生活なんじゃが、例えるとスーツの上着を脱いでワイシャツ姿になって肩が軽くなったようなもんかのう。
ここまで来ると、幽体をまとった生活と比べると体が軽くなったような生活じゃ。
肩も撫肩(なでがた)になって、凝りもなくなるというもんじゃ。
 
通りすがりの地球人
撫肩って、肩凝らないんですか?
 
ピピン
そりゃ知らん(笑)
ちょっとした言葉のあやちゅうもんじゃ。
 
通りすがりの地球人
宇宙人のくせに言葉のあやって・・・・・。
 
ピピン
失敬な!!
宇宙人をバカにするな!
 
通りすがりの地球人
まぁ、まぁ。
謝りますから、そうむきにならないで下さいよ。
 
ピピン
よしよし。
分かれば宜しい(笑)
 
でじゃ。
霊体での生活なんじゃが、移動するにも、アイススケートのようにスーっと滑るように軽くなってのう。
念った瞬間に移動なんていうのができだしてくるんじゃ。
瞬間移動っちゅうやつじゃのう。
おまけに空を飛ぼうと思えば、空を飛ぶことも出来てくるのが、この霊体での生活じゃ。
まぁ、あまりおらんが姿かたちすらも変えようと念えば、自由に変えれるようにもなる。
これは、霊体というのは、肉体や幽体と比べると念の作用を受け易いということなんじゃ。
 
通りすがりの地球人
ちょっときになったんですが、「~できだす」とか「~出来てくる」っていう表現を使われてますが、どういう意味なんですか?
霊体になれば、皆できることなんじゃないんですか?
 
ピピン
それはじゃ。
確かに誰もが霊体になれば、できるんじゃが、実際にできるかどうかは各人の自覚にかかっておるということじゃ。
自分が「こんなことできる」と自覚して行けばできるが、「できない」と念えばできないんじゃ。
それが、念の世界ということじゃ。
自覚が進めばできるようになり、自覚が進まなければ出来ないままということなんじゃ。
 
通りすがりの地球人
では、自覚というのがキーな訳ですね。
 
ピピン
そういうことじゃ。
どれだけ霊としての自覚ができるかということが、自己のあり方を決めると言うても過言ではない。
つまり、どれだけ「自分は霊的存在でありなんでもできる存在なんだ」と実感しておるかということじゃな。
あと、念についてなんじゃが、念というても、五次元世界だけのものではなくて、三次元、四次元や、五次元以降の世界も念の世界なんじゃ。
ただ、この念というものが具象化し易いかどうか、その影響という意味において、次元を下るに従って影響し難くなり、次元を上って行くに従って影響し易くなるということなんじゃ。
じゃから、霊体になってくると段々、念の影響を受け易くなってくるということじゃのう。
それは、段々、霊の本来の姿、融通無碍(ゆうずうむげ)な姿に近づいてきた姿ということになるんじゃ。
 
通りすがりの地球人
へぇ~。
分かったような気はするんですが、ただ、ちょっとどんな感じなのか想像がし難いですねぇ・・・・・。
 
ピピン
そう小難しく考えることはないぞ。
実際の霊体の生活は、まぁ、三次元の生活とそれ程変わりはないかもしれんのう。
そうじゃのう。
都会を離れた山や海なんかで牧歌的な生活をしているような感じかのう。
そうそう。
とこなつの島で、リゾート生活をしているような感じというてもええかも知れんのう。
服なんかも自分で好きなものをイメージしたら着ることができるんじゃぞ。
女性なんか、結構、色々な服を着ておるぞ。
どこかで買ったのかというと、そうではなくて自分でイメージして着ておったりする。
わしなんかじゃと、アロハシャツなんかを着てみたり、パパイアジュース飲んだりのう。
もう、楽園生活じゃ。
 
通りすがりの地球人
私、服のイメージする自信ないですねぇ~。
 
ピピン
まぁ、イメージできなくてもいいんじゃぞ。
服屋さんをしている人もおるから、そこへ行って気に入ったものをこれ下さいって貰ってくればいいんじゃ。
お金なんてものはないから、貰う際に代わりに「ありがとう」っていう感謝の気持ちを置いてくるだけじゃ。
 
通りすがりの地球人
へぇ~。
楽しそうですね。
 
ピピン
そうじゃろう。
結構、楽しいぞ。
実際には地球人の多くがこの世界を中心にして、生まれ変りをしておるんじゃ。
つまりは、多くのものは、楽園の住人ということなんじゃ。
肉体に宿っておる間は、自分のもといた場所も忘れて、いろいろと悩んだり苦しんだりしておるが、死んで元の霊体生活に戻れば楽園生活を満喫できるんじゃ。
まぁ、これが霊体ということじゃ。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

オリオン星人ピピン

Author:オリオン星人ピピン

FC2ブログランキング

リンク

最近の記事

過去ログ

ブログ全記事表示

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。