地球人に向けて
このブログは、オリオン星人であるピピンの視点から 地球人へのメッセージをお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑草

僕は雑草。
畑の畦道に咲く雑草。
 
僕達はどんな場所でも、諦めずに足を踏ん張って咲くんだ。
 
新鮮な空気を胸一杯に吸い込んで、両手を大きく広げて咲くんだ。
 
太陽の光を全身一杯に受けれるように、有りっ丈の力を出して両手を広げるんだ。
 
時々、僕は硬い硬いアスファルトの下から、精一杯の力を出して顔を覗かせるんだ。
 
でも、人間達は気づかずに、僕達を踏んづけて行く。
たぶん、僕に花がないからなんだ。
 
ある日、神様にお願いした。
「僕にも花を下さい。」ってね。
 
神様は言った。
「私は、お前を愛しているよ。
 たとえ花がなくとも、懸命に咲くお前が私は愛しい。」
 
僕の頬には、一雫の涙が伝っていた。
 
その朝、人間達は朝もやの中で、夜露に光る僕に気づいた。
 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

オリオン星人ピピン

Author:オリオン星人ピピン

FC2ブログランキング

リンク

最近の記事

過去ログ

ブログ全記事表示

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。